2018年2月7日水曜日

水の力

先月末に今まで使用していた2室型から3室型の強酸性水生成器へ入れ替えました。 今までの2室型
でも生成される強酸性水の機能は充分だったのですが「強酸性水に曝露した金属が錆びる」という問題が有り、それらをクリアした3室型へ入れ替えました。

強酸性水は殺菌能力に優れ、逆側のホースから出てくる強アルカリ水はタンパク溶解能力に優れており、これらを組み合わせると殺菌・消毒の強力な武器になります。当院では10年以上前から強酸性水を使って口腔内洗浄や患者さんの口腔内から採取した歯型の殺菌(技工士さんの健康管理に重要です)、熱に耐えられない器具の殺菌、 加湿器の水に使用して診療室空気の殺菌等々に使用してきました。
また最近はユニット内の水質が問題視される様になり綺麗な水を生成し使用する医院が多くなってきましたが、当院が使用しているユニットは元々配管された水道水とは別系統にボトルを使った送水が可能で有り、菌が少ない綺麗な水を使用するよりも更なる機能が期待できる殺菌できる水を使用した方がより配管内が綺麗な状態を保てます。そしてボトルに水を溜めて使うという事は生成されて直ぐのフレッシュな水を使う事にもなりますので、殺菌効果の持続力が弱い強酸性水を良い状態で使える事でも有ります。
また強酸性水がスリーウェイシリンジやタービンやコントラ等のハンドピースから出てくる事によって治療しながら口腔内洗浄にもなり、超音波スケーラーから出てくる水も強酸性水なら歯石を取りながらポケット内洗浄の効果も望めるので治療効果が上がると考えています。
強酸性水は良い意味で物性的に不安定な水であり効果が持続する薬剤では無いので環境汚染等に気を使う事も無く、またイニシャルコストは掛かりますがランニングコストは安いのでジャンジャン使えるのが魅力ですね。

その他にも根管治療や歯周病治療で光殺菌や高周波治療の器材も使用しておりますが、それらの器材については追々お話ししたいと思います。

2018年1月6日土曜日

年始め

皆様あけましておめでとうございます.

本日より通常診療となります。

本年も宜しくお願い致します

2017年12月26日火曜日

冬期休診のお知らせ

本年の診療は12月29日(金)午前まで行います。
午後から大掃除を行ったのち12月30日〜1月5日にお休みを頂いて
来年は1月6日(土)から通常診療致します。

なお休診中は市川市休日急病等歯科診療所にて応急処置対応しております。

では皆さんも良い年末年始をお過ごし下さい。
来年も宜しくお願いします。

2017年11月21日火曜日

外科手技練習会(豚骨実習)

昨日はほぼ一年ぶりに当院横のガレージにて豚骨を使ったオペ手技の練習会を行いました。流石に5回目ともなると開催の手順も慣れてきて、前日の土曜日に関西の業者から冷凍で届いた豚骨をお昼過ぎからガレージ内で自然解凍し(以前お湯で解凍したら水分を含み過ぎてアウト)翌日の準備はOK。当日はガレージ内のクルマを動かして外に出し、ガレージリフトの天板が椅子に座った状態でテーブルの高さになる様に調整した頃に参加者が集まり出して、オペ練が始まりました。

後は参加者に1個づつ豚骨を渡し、各人が勝手にやりたい事をやってそれを他の人が見学&質問する、といった感じで進んでいきます。



また今回は和田精密歯研の方にも御協力を頂いて様々なインプラント用機材を持って来て貰い、先生方にその感触を試して貰う様な事もやってみました。

私は矯正治療日にお世話になってる歯科衛生士さんに普段自分が行っている歯周病手術のバリエーション(APFやFGG、減張切開等々)を見せて、今度は実際にやって貰うのを手伝う、みたいな事をやってました。
衛生士さんも法的に人には手術は出来なくても、手を動かした事が有ればチーム力が上がりますからね。

その後、衛生士さんは自分で歯肉切開・剥離した場所に教え上手な先生の手ほどきを受けながら人生初のインプラント埋入をしておりました。初めてにしてはかなり上手く埋入出来てましたね。
 

私はその頃、和田精密さんが持って来たKTC製のトルクレンチを試しながらインプラントを埋入し、物欲と戦っておりました(笑


こんなユル〜イ感じで進んでいき、途中ではサプライズの快気祝いで、私の愛車(MAZDA FD3S型RX-7)と同型のラジコンカーや

当院のロゴが入った一点物のキャンドル

を頂いて小躍りしたり…と楽しい時間を過ごしておりました。

遅れてきた人や途中離脱した人が居たので全員では有りませんが、最後まで残ってた人と記念写真

また来年も3月くらいから不定期に3〜4回くらいは開催したいなぁ〜と考えております。次回は上顎骨も購入して和田精密さんには再度御協力を頂き、サイナスエレベーションやソケットリフトの手技やその際に使用すると便利な器材を使い倒したいと考えております。開催時期はFacebookの私のタイムラインで突然告知という暴挙にて独断で決めておりますが、私のプライベートガレージを使用する関係上、初参加者は今まで参加された方の御紹介者のみとさせて頂いております。

2017年10月16日月曜日

楔状欠損の真実

昨日は山形県南陽市でご開業の黒江先生の講演に行ってきました。



去年から聴きたい話だったのですがスケジュールが合わず、やっと聴講です。黒江先生とは3年前にロサンジェルスへ一緒に行った時からお付き合いをさせて頂いていて「実るほど頭を垂れる稲穂かな」を地で行く素晴らしい先生です。

歯と歯肉の境目に虫歯では無いのにくさび状の凹みが出来ている人が居ると思いますが、これらは楔状欠損とかくさび状欠損と呼ばれて専門的にはNCCLと分類されます。これの原因は長くアブフラクションが原因で有ると信じられてきました。昨日はコレを過去の論文のミスリードと力学的矛盾点、臨床的考察から論破していき、やはりブラッシングも一つの原因で有ると言う話で非常に面白かったですね。個人的にも私自身が強い食いしばり癖を持っているにもかかわらず楔状状欠損がさほど見られない事からアブフラクション説には疑問に感じていたので非常に有意義でした。

やっぱりPaperは著者が参考文献を都合が良い様に解釈したのに気付かず、それが伝言ゲームの様に段々変化して伝わっていく怖さを再認識しました。菅野太郎先生の講演の時も感じた事ですが、やっぱり原著を見ないといけませんねぇ…